FC2ブログ

スポンサーサイト

海老天盛り

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by海老天盛り

2012 デザスター映画

海老天盛り

201805070723242ff.jpeg

2009年、地球の地下深くで異変が起きていた。異常な加熱が続いた地球内部が流動化を起こしており、数年後には規模の大きな地殻変動が起こると予想されたのだった。
それが実現したら、世界中でとてつもない規模の災害が起こると予想される。この観測結果を知ったインドの科学者サトナムからの連絡を受けたアメリカの大統領科学顧問エイドリアン・ヘルムズリーは、首席補佐官のカール・アンハイザーに地球規模の危機を訴える。この事実を知らされたウィルソン大統領は、秘密裏に主要各国の首脳を集めて来たるべき日への備えをすべきだと告げる。パニックを恐れて民衆にはこの事が知らされないまま、密かに人類を存続させるための計画が始まった。

3年後の2012年、リムジンのドライバーで生計を立てている売れない作家ジャクソン・カーティスは、分かれた妻から二人の子どもを預かり久々に親子でのキャンプに向かう。その先で政府による大規模な地質調査を目撃したジャクソンたち。そこで出会ったエイドリアンと会話を交わすも、地球滅亡が迫っている事実は当然知らされることはない。ジャクソンたちを見送ったエイドリアンは調査の結果地殻変動が目前に迫っていることを知り、先ほど話したジャクソンとその子どもたちの行く末を思い辛い顔を見せるのだった。

一方で、エイドリアンからの見送りを受けたジャクソンたちは、個人で海賊ラジオ局を運営している怪しげな男チャーリーと出会う。最初は彼を変人としか見ないジャクソンだったが、彼の唱える地球滅亡説とそれを支持する有名学者たちの話を聞くうちに徐々に信じ始める。アメリカ各地で起こる地割れや湖の蒸発などの異常現象、人類を存続させるための「箱舟」の噂などを知っていき大災害の発生を確信したジャクソンは、妻のケイト、息子のノアと娘のリリーを連れて噂の「船」を目指すことを決意する。

しかしこのとき既に地球内部の異変は起こり始めており、それは未曾有の大災害となって既に地上に迫っていた。
20180507072315b85.jpeg
スポンサーサイト
Posted by海老天盛り

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。